私はこれでお金を貯めました!

63歳男 稼いで使って貯める。それも工夫次第

30年間小さなデザイン制作会社を経営しておりました。現在は既に現場からは身を引き長きの疲れを癒しているところです。学校を卒業し、銀座のプロダクションを数社経験。28歳の時フリーランスとして独立し徹夜徹夜の多忙な日々を送っていました。仕事が増えていき一人では対応が難しくなり、スタッフ数名で小さな会社を作りました。当時小さい組織でしたので厚生年金への加入ができない時期が続きました。そのため現在の年金の受給額の見込みはせいぜい10万程度です。
そのことは当時から予想していましたので、老後の蓄えを意識した貯蓄を行なっていました。幸い会社は小さいながらも変動は多くありましたが、収益はよく月々の報酬は恵まれていましたので、毎月少しずつの金額を貯めることができました。
給料は半分のみを使うことにしておき残りは銀行に入れておきストックとしました。自分の手取りは額面の半分なのだと思い残りは使いませんでした。(家族の高額医療費などの場合は別ですが)。その手元の給料も少し余ります。それを封筒に分けて毎月分を貯めておきます。半年もすると60万円ほど溜まりました。報奨金などの臨時収入があったりした場合は100万ぐらいになります。それをまとめて銀行口座に入金します。貯蓄額が溜まってくると通帳を見るのが楽しみになります。
会社でも工夫をしました。法人税対策もあったのですが、私の給料は、未払いを立てて支給額を減らしました。分かりやすく説明すると、額面が100万円だとします。税金など諸々が30万円が差し引かれます。手取りは70万円となります。未払いを20万円立てて手取りを50万円にするのです。この未払い分20万円をストックしておきます。違法ではありませんよ。経営者の給料は法律で年度途中で変更ができません。中小企業ではよく行われる対策なのです。税金は額面通り払っていますから、手取りに比べると高額な税金になりますが、未払いとは手取り金額を減らして、残りは会社にストックするのですが、未払い清算時に税金を追加で払うことはありません。まぁ謂わば給料の遅延ですね。
それを20年以上続けた結果、5000万円ほどの現金を確保でき現在に至っています。
それでも若い頃は結構遊んだり、また異性とのトラブルなどもあり今から思うと数千万円をドブに捨てたかななんて思っていますが、これも人生です。ただただ金のために生きるなんて面白くないですし、後悔はしていません。